エッチや、アダルトグッズを使うときに必需品のローション。

ローションの容器が大きいものは、一度では使い切れないので、残ったのを保管すると思います。

 

大人のおもちゃはコチラ
激安通販[アナシー]

 

ローションの保管方法は、正しく行わないと、体へのトラブルの元となります。

 
雑菌が繁殖したローションを使い、膣内や尿道に炎症を起こすことがあります。

素肌や粘膜、大事な部分に使うので、注意して保管しましょう。

 
ローションの保管方法と、処分時の注意をお知らせします。

▼未開封ローションの保管

通常ローションには、製造年月日や消費期限が記載してありません。

体内に入る場合もあるローション、品質保持期間には誰でも疑問あると思います。

 
日の当たる場所、暖かい場所は品質を落とし、化学反応を起こす場合も有ります。

日の当たらない、冷暗所に保管しましょう。

 
未開封で、冷暗所に保管してあれば、3~4年は劣化しないで使われるといわれます。

未開封でも、それ以上の年数が経ち古くなったローションは

色などの変化が無くても、使わないが良いでしょう。

▼開封済ローションの保管

一度でも容器を開封した場合、注意点としては

容器の口を、直接肌などに付けないようにしてください。

雑菌が移る場合があります。

 

容量が多い場合は、毎回使う分だけミニボトルに移して使ったが良いです。

 
開封済ローションの保管は、確実に蓋を閉めて、冷暗所に保管してください。

一度でも開封すると、空気中からでも雑菌が入り

時間の経過とともに、変色・劣化・腐食と進み、雑菌も増殖します。

 
開封したローションの使用期限は、明確には定まってませんが

半年ほどででしょうか。

それ前でも、色が変わったり、匂いが変わったら、使わないようにし、処分してください。

▼ローションの廃棄

少量なら、排水に流せば良いでしょうが

量が多い場合は、排水が詰まる場合がありますので、

ローションの廃棄には、成分により注意が必要です。

 
水溶性のローションは、水かお湯で薄めて、トイレなどに流しましょう

ポリアク系ローションは、塩を混ぜることで、とろみが取れサラサラになる場合があります。

サラサラの水状になったら、トイレなどに流しましょう。

 
粘性がとれずに、排水に流せない場合は

容器とともに処分できる場合は、入ったまま破棄しましょう。

中身と容器を分ける必要が有る場合は、

中身のローションをビニール袋に入れて、漏れないように口を縛り

それぞれ、ローションは燃えるごみ

容器はその材質により、各自治体のゴミ処分ルールに従いとして破棄しましょう。

 
ローションの種類と、使い方はコチラ↓からどうぞ。

■ローションの種類

 
アダルトグッズ通販アナシーでは、用途、容量により、各種ローションを扱ってます。

 

■小(100ml未満)
■中(300ml未満)
■大(300ml以上)

 

激安通販はコチラ
アダルトグッズ[アナシー]