アダルトグッズには、色んな素材が使われてます。

製品の進化とともに、使われてる素材も変わってきました。

 

大人のおもちゃはコチラ
激安通販[アナシー]

 

昔と比べると、安全な素材が使われるようになりましたが

それでも、体に合わずアレルギー反応を起こしたり

素材同士の組み合わせで、化学反応を起こしたり

洗浄が十分に出来ず、炎症を起こしたりと

体に悪影響が与えることがあります。

 
体の大事な部分に使うものなので、アダルトグッズの素材には気をつけたいものです。

 

今回は、ローションの素材について説明します。

 
ローションの場合は

オナホなどで、男性がオナニーで使う場合

女性の膣の中に入る場合

肛門の中で使う場合

口に入る場合

それぞれにより、安全性も違ってきます。

 

▼ローションの素材の種類

元となる原材料、組み合わせ、製作過程により

色んなローションの素材の種類が開発されてきました。

代表的なローションの素材の種類を紹介します。

 
■ポリアクリル酸ナトリウム
紙おむつや生理用品などに使われてる素材で、水分を給水して粘りを出す。

安価なので、大量に使うときはお勧め。

膣内に入ると、洗い流しにくく、残って雑菌の繁殖があるので、膣内には入らないように。

 
■グリセリンタイプ
水に溶けやすく、吸湿性が高く、洗い流しやすい。

化粧品・リンス、目薬・浣腸液など医薬品にも用いられれる。

膣内・アナルに入っても大丈夫なので、セックス時の使用にも安心なローションの素材。

ポリアク系のような、ヌルヌルネバネバのような粘性は無い。

 
■シリコンタイプ
シャンプー・リンス、化粧品にも使われてる、体には安全とされてるローションの素材。

油に近いサラッとした感触。身体に吸収されず、滑り感が長続きする。

乾きにくいので、アナルプレイには良く使われる。

洗い流しは簡単には落ちない。

シリコン製のアダルトグッズとは、化学反応起こす場合があるので注意が必要。

 
■ポリクオタニウム系
シリコンに似た感じ。

潤滑力に優れ肌水分を吸収しない。

シャンプーや化粧品などにも使われる。

肌水分を吸収しなく、人体への適合性が高く、安全面にも問題は無しのローションの素材。

 
■カルボマー系
化粧品業界では以前より、化粧品に使われていた。

安全面に優れた、水溶性ポリマーの一種。

肌の表面に潤滑力をもった滑らかな膜をつくる。

肌に浸透しなく、拭き取るだけで、洗い不要で落せるローション。

乾きやすいので、長時間使うのには不向きである。

 

▼お勧め安全のローション

ローションは使用目的で選んでください。

 
今回は、体に安心のアダルトグッズの素材を使った

男性のオナニー用に使うのに

お勧め安全のローションを紹介します。

 

ローションの老舗ぺぺブランド↓
ペペローションORGANIC

画像をクリック!

 

植物由来の潤滑成分と保湿成分により、肌に優しい低刺激。

アレルギーを持つ方、敏感肌の方にも、お勧め安全のローションです。

 

 
その他のアダルトグッズの素材

■アダルトグッズの素材

 

アダルトグッズ通販アナシーでは、オナニー用・膣用・肛門用・食用など

体に安全なアダルトグッズの素材を使った、各種ローションを激安通販してます。

 

■小(100ml未満)
■中(300ml未満)
■大(300ml以上)

 

激安通販はコチラ
アダルトグッズ[アナシー]