ローターの選び方

アダルトグッズといえば、「ローター」と出てくるほど

昔から有名で、アダルトグッズ業界の代表みたいな存在でした。

しかし、アダルトグッズに関して知ってる方は一部で

ローターもバイブも区別つかないような人が、殆どだと思います。

そこで今回は、ローターの選び方について述べます。

 
選ぶためには

どのように、何に使うか? 

で、使われるローターの種類が違ってきます。

▼ローターの種類

電池ボックスと振動部の形状で、ローターの種類を大きく分けると以下の3種類です。

 
■電池ボックスと本体一体型
ローター本体に、振動部・電池ボックス・コントローラーが一体化されてるコンパクトデザイン。

防水型のローターがある。

振動の強弱や振動パターンの変化は行えないタイプが多い。

 
■コントローラーと本体が別(有線)
ローター本体とコントローラー(電池ボックス)がコード繋がってる。

振動の強弱や振動パターンの変化が可能となる。

 
■コントローラーと本体が別(無線)
ローター本体と、コントローラー部がリモコン(無線)式で繋がり、遠隔操作が可能となる。

振動の強弱や振動パターンの変化が、遠隔操作で可能となる。

野外プレイなどに使われる。

 
形・大きさ・デザインで、ローターの種類を分けると

 
■たまご型
ローターのもっとも基本的な形。

乾電池2本程入ったコントローラー部と、コードによって繋がってるのが多い。

性器やクリトリス・乳首の刺激に使われる。

膣に入れる場合は、取り出す際にコードを引っ張り断線することが多い。

防水でないのが多いので、注意が必要。

 
■スティック型
電池ボックス・本体一体型に多い。

振動のコントロールは殆ど出来ない。

ある程度長さが有れば、膣内への挿入も可能。

しかし、奥に入れすぎると取り出しに注意。

膣挿入目的で、バイブには抵抗ありの人にはお勧め。

 
■ミニローター
たまご型を小さくしたタイプ。

体の各所の刺激には使えるが、それ自体を膣の挿入には使えない。

▼使う目的で選ぶ

オナニーでも、カップルのセックスでも

ローターの選び方で大事なのは

どのように使うか?

 
使う目的で選ぶローターが違ってきます。

 
■性器周りや乳首の刺激

性器や、性器の周り、乳首、その他の性感帯を、ローターの振動で刺激する場合は

どのタイプのローターでも使えます。

 
風呂など、水分がある場所で使う場合は

スティック型などの、防水タイプを使ってください。

コード付き型は、防水タイプは少ないです。

 
■膣へ挿入する場合

膣の中に挿入する場合は注意が必要です。

小さい、ミニローターは、一旦入れると取出しが大変です。

膣内挿入には不向きです。

 
コード付きのタマゴ型ローターは、奥に入ってもコードを引っ張ることで

取出しが可能となります。

しかし、コードの引っ張りにより、断線する事もあります。

また、このタイプは防水ではないのが多く、愛液・ローションなどが入り故障の原因となります。

 
コード付きにタマゴ型ローターは、膣の入口部の刺激には大丈夫ですが、奥深く挿入するには向いてません。

(※安価な商品が多く、使い捨てと思えば様々なプレイに利用可)

 
スティックタイプは、長さもある程度長く、防水タイプが多く

膣内への挿入は行えます。

 
主に膣内へ入れるのが目的の場合は、スティックタイプを選んだが良いです。

▼お勧めのローター

性器の周りから、クリトリス、乳首への刺激

膣内や、アンル内への挿入も可能な、お勧めのローターを紹介します。

お勧めのローター↓
ローターの選び方

画像をクリック!

 
小さいけど、4種類の振動パターン・3種類のスピード調整が可能!

持ち運び便利なコンパクトサイズの実にローター。

パッと見、ローターとは判らないデザインなので、バックの中においてても大丈夫!

 
初めてローターを購入する場合

ローターの選び方が判らないでしょう。

 
自分がローターを購入し

どのように使うか? どんなプレイで楽しむか?

それでローターのタイプを決めて

次に

「機能性」・「デザイン」・「金額」

で選んだら良いでしょう。

 
他のアダルトグッズの選び方

■アダルトグッズの選び方

 
アダルトグッズ通販アナシーは、初心者からマニアの方まで満足できるローターを、各種激安通販しております。

■電動アナルグッズ
■非電動アナルグッズ
■アナル用消耗品・他