世の殆どの男性が使った事ある性具に、コンドームがあります。

コンドームメーカーは、性具ではなく「避妊具・医療機器」だ!

と言われるでしょうが、私はアダルトグッズ屋なので

「性具」と言わせてもらいます。

 

大人のおもちゃはコチラ
激安通販[アナシー]
アダルトグッズ

 

18才未満でも買える性具、コンドーム。

18才未満にこそ買ってもらい

望まない妊娠や、性感染症の予防をおこなって欲しいですね。

▼コンドームの歴史

コンドームの名の由来は

英国のチャールズ2世が、アッチがお達者で、アチコチに子供を作ったそうです。

これ以上作ると、王位継承で問題が起きるので

王室お抱え医者が、羊の腸で避妊具を作ったそうです。

 
この医者の名が、ドクターコンドームさんで、その人から、「コンドーム」と付いたそうですよ。

 

昔のコンドームの素材は

紀元前には、豚や山羊の盲腸や、膀胱が使用されたようです。

その時代は、避妊より性器の保護や、身分や地位の印でもあったとか。

 
1600年代には、牛の腸膜や魚の浮き袋も使用されたそうです。

1870年代に、現在の形の避妊具、性病予防としてのコンドームが生まれたとのこと。

 
日本では、1934年にゴム素材のコンドームが製造され始めました。

その後、様々なコンドームの素材が開発されてきました。

 
今では、日本製のコンドームの品質は、世界最高だそうです。

 

▼コンドームの素材の種類

現在のコンドームの素材は、おおまかに分けると3種類あります。

それぞれについて説明します。

 
■天然ゴムラテックス

ゴムの木から採取された樹液に、様々な薬剤を配合し形成されつくられる。

1990年代にポリウレタン素材が開発されるまでは

殆どが、天然ゴムラテックス素材だった。

 
色付けが容易で、強度にも優れてる。

新素材に比べると、薄さには限界がある。

ゴム特有の匂いがある。

 
■ポリウレタン

発売当初は、強度などに問題があり、穴あき・破れなどがあったが

現在は改良され、薄さ0.01mmまで発売されてる。

ゴム臭さも無く、きつい締め付けや、装着感も感じない。

 
■ポリイソプレン

2014年に発売されました。

薄さにこだわる、ポリウレタン。

しかし、強度については、心配する女性側。

 
そこで、強度+無装着感 で生まれたのがポリイソプレン素材。

0.06mmほどで、多少厚くても、手のひらに近い柔らかさで、装着感を感じさせない素材になったという。

強度は、ポリウレタンの4.5倍、天然ゴムラテックスの1.5倍という。

 
避妊具として安心感と、理想的な肌さわりの気持ち良さを備えたと、メーカー談。

 

ポリイソプレン素材のコンドームを紹介します。

 

おすすめのコンドーム↓
SKYN

画像をクリック!

 

 
「装着してるの?」

忘れてしまうような、自然な素肌感覚の装着感。

新素材の「ポリイソプレン素材」使用。

着色料不使用のナチュラルカラー。

 

コンドームの素材の違いで、選ぶ場合は

ゴムの匂いや、ゴムの締め付け感が嫌な人は

ポリウレタン系や、ポリイソプレン系素材。

 
激しい動きでの破れ・穴あきの安心と、値段を考えて選ぶ場合は

天然ゴムラテックス系の素材でなないでしょうか。

 

その他のアダルトグッズの素材は↓

■アダルトグッズの素材

 

アダルトグッズ通販店のアナシーは

家族計画と、妊娠計画、そして性感染症予防に安心の

コンドームを各種揃えて、激安にて通販しております。

 

■コンドーム(スキン)