以前、オナニーは、

日本でも外国でも、宗教上禁止されたり

体に害があるから、やらないが方が良いといわれました。

 
今回は、男性のオナニーの問題 トラブルについて考えます。

大人のおもちゃはコチラ
激安通販[アナシー]

 

迷信的・都市伝説的にいわれる体への害

はげる、にきびが増える、背が伸びない、記憶力が衰える、などといわれ、オナ禁か悩んでる人もいます。

しかし現在、医学的にそれは関係無いといわれてます。

 
やりすぎ(日に10回とか)

間違った方法

の場合は、害があるでしょうね。
 

▼オナニーの種類

男性のオナニーの種類・方法は色々とあります。

 
一般的なのは、手によってペニス全体を握り、皮ごと擦る方法でしょう。

擦る刺激で、性的快感が得られ、やがて射精します。

 
その他の方法、判る範囲で紹介します。

 
■亀頭オナニー:皮を剥き亀頭部分を露出し、亀頭の表面のみを擦る方法。

■床オナニー:床や布団などにペニスを押し付け、圧迫し擦る。

■乳首オナニー:乳首を擦ったり摘んだり、引っ張ったり刺激する。

■アナルオナニー:アナルの表面を刺激したり、アナルの中に指や物を入れて刺激。

■前立腺オナニー:アナルの中の前立腺部分を刺激。

■尿道オナニー:尿道に綿棒など、異物を挿しいれ刺激。

■器具をつかう:オナホールなどを使い、ペニスを挿し入れ動かす。

■刺激物オナ:薬品その他をペニスに塗りつけ・吹付けにより刺激を得る。

その他、性的快感を得れば、全てオナニーといえると思います。

▼オナニーの問題の内容

間違ったやり方・方法により、様々な男性のオナニーの、問題 トラブルが起きます。

オナニーのトラブル 問題を詳しく知り

そこで、男性の正しいオナニーの方法を、理解しましょう。

 

やりすぎは、何でも駄目でしょう。

しかし若いうちは、やりたくなってやるのであれば、日に3回位までなら、許容範囲だといわれます。
 
変に我慢し「オナ禁」とし、溜まってイライラするよりは、

オナニーしてスッキリした方が、勉強も仕事もはかどると思います。

 
ペニスを強く握り過ぎ擦るのは、強い刺激に慣れてしまい、実際の女性とのセックスで、女性の膣の締め付けだけでは射精できない、膣内射精障害を発症ことがあります。

血管も沢山あります。程ほどに優しく握って擦りましょう。

 

擦る時に、皮が伸びるように強く引っ張り過ぎると、皮が必要以上に伸びて、戻らなくなることもあります。

 

床オナニーは、体の体重を載せるために、強い圧力が掛かり、それに慣れると膣内射精障害を発症することがあります。

また、床や布団・畳などに擦り付けることにより、ペニスを傷つけることもあります。

 

アナル・尿道オナニーは、中に入れる物によっては、尿道内・腸内に傷をつける場合があるので要注意です。

 
器具を使うオナニーの場合も、オナホールのような専用に作られたものなら安全ですが

ビン・パイプ・その他の穴状の物に入れると、ペニスに傷をつける場合があります。

 

刺激物によるオナニーも、適したもの以外を使うと、体に悪影響がある場合もあります。

オナニー専用の物を使いましょう。

 

射精の時に、ペニスの根元を強く握り、無理やりに射精を我慢する人がいますが、精液が膀胱へ逆流します。

それを続けると、逆行射精障害や膣内射精障害を起こす場合があります。

 

問題 トラブルの原因を知り、正しいオナニーを行わないと

病気になったり、彼女・妻とのセックスで、問題が出て悩むことになります。

 

次回に、男性のオナニーの問題 トラブルを解決し

「男性の正しいオナニーの方法」について考えます。

 

アナシーは、オナニーを助ける安心な道具と補助グッズを、激安にて通販しております。

■オナホール
■テンガ製品
■ダッチドール
■アナル器具
■媚薬ラブサプリ

 

激安通販はコチラ
アダルトグッズ[アナシー]