大人のおもちゃはコチラ
激安通販[アナシー]

本日の悩み解消アダルトグッズの紹介は?

包茎矯正グッズの使い方を説明します。

 

仮性包茎の「矯正グッズ」とは↓
仮性包茎矯正リング

男性の悩みの一つ「包茎」。包茎には3つのタイプがあります。

■仮性包茎:一番多いタイプ。一応むくことができるが、普段はかぶっている。

■カントン包茎:無理をすればむけるが、入口が狭く亀頭の下を締め付け、皮が戻らなくなる事がある。

■真性包茎:むこうとしても、むくことができない。

 

包茎を放置しておくと…。

■亀頭の成長を妨げ、先細りのペニスになりがちです。

■亀頭と皮の間に細菌が繁殖し、亀頭炎・包皮炎・ヘルペスなどになることがある。

■セックス時に、様々な不都合がでてくる。

 

包茎矯正器具とは、包茎の矯正に用いられる専用のアダルトグッズです。

日本人に最も多い仮性包茎の方には、包茎矯正増大グッズの効果が見られると言われます。

カントン包茎、真性包茎の方は、まずむくところから始める必要があります。

包茎矯正増大グッズは、低価格でリスクが少ないのが嬉しいですね。

リングタイプ、透明シートタイプ等……種類は色々ありますが、使用法は同じで亀頭を露出状態にキープすることです。

 

確実に亀頭を露出し続けることで、人間のもつ新陳代謝を活かして仮性包茎を矯正します。

新陳代謝が行われている以上、 成人を過ぎた方も成人前の方も、年齢に関係なく仮性包茎を矯正できます。

装着することによって、仮性包茎のペニス特有の余分な包皮を、剥いたままの状態に癖をつけて、常に亀頭を露出させた状態にする事が出来ます。

メーカーによって様々な形状や素材などがあり、素材は主に 「天然ゴム」 「医療シリコン」 「磁石」 などが特に多いです。

 

形状はリング式が多く、「亀頭は露出する状態」、いわゆるむき癖(形状記憶)がついています。

装着の仕方は、それぞれのメーカーで違っています。

簡単に装着できるタイプのものから、 調整して自分のペニスのサイズに合わせるタイプのものなどがあります。

一般的なタイプの仮性包茎矯正リングは、亀頭のカリの部分にはめこんでの使い方が主流です。

 

【リングの使い方】

手指を十分に清潔にして、包皮を持ち、ペニスの根元の方へゆっくり寄せて、亀頭を完全に露出します。

亀頭部も十分に清潔にしますが、汚れがある場合は、ぬるま湯に浸した後、濡れたガーゼ等で優しく拭いてください。

リングを取り出し、両手でつまむようにして左右に開きます。

露出した亀頭の後縁(亀頭冠状溝)に上からはめこみますが、リングが包皮を挟み込んだ場合は、指で包皮をはさみ、ペニスの根元の方へ後退させると、うまくはまります。

リングを装着した後は多少違和感があります。

リングを外すときは、開口部を両手でつまんで左右に開き、そのまま上に持ち上げてください。

 

【包茎矯正の進め方】

■第1段階
まずは包皮を亀頭カリ部手前に退避させて、亀頭を露出した状態を、自力で(矯正器具を外しても)維持できる様にすることです。

この段階では、包皮の、目立た変化は解りませんが、亀頭を露出した状態を固定することで、包皮細胞組織が改変し、平常時において露出した状態を維持できる様になります。

まずは癖を付けることが矯正への第一歩だと言えます。

この段階を過ぎれば、平常時においても亀頭が露出した状態を維持できる様になります。

 

■第2段階
続いては“馴染む”という段階です。

しわでデコボコしていた、包皮の不自然さがなくなってきます。

完全にしわがなくなることはありませんが、自然なしわと化して行きます。

こうして包皮の長さが実際に短くなると、セックスの時に、女性の膣内で包皮が亀頭を覆ってしまうこともなくなり、亀頭と膣壁の接触を維持することができる様になります。

※効果・使用法はメーカーの説明書より転記してます。

 

包茎という悩みで、彼女を作ることができない人がいます。

悩みを解消して、楽しいエッチライフをお過ごしください。

 

アナシーでは、包茎矯正のグッズを各種激安通販しております。

 

☆あながが探してる[包茎矯正グッズ]は?
■仮性包茎矯正グッズ

 

激安ショップはコチラ
アダルトグッズ[アナシー]