アダルトグッズの軽減税率

 
皆さんご存知のように

安倍首相が2019年10月に、消費税率10%へ税率を引き上げるという意志を示しました。

生活必需品の一部に、8%の消費税率を適用する軽減税率制度が導入の予定です。

判りにくいのが飲食品の「外食」の場合。

飲食品のテイクアウトは軽減税率適用で8%。

外食では適用されず、線引きで難しいようです。

食品と同じで、下の口に食べさせる

アダルトグッズの軽減税率について考えます。

▼下の口で食べるオナグッズ

コンビニなどで、ビンビンに勃起した男性のアレのような、フランクフルトを購入する場合

店舗の施設内で食べる「イートイン」の場合は、軽減税率適用で8%。

持って帰り食べる「テイクアウト」の場合は、非適用で消費税は10%。

レジで混乱が起きそうですね。

 
現在TV等で報道されてる内容によると、レジで各対象商品個別に

「イートインで食べられますか?」

「テイクアウトされますか?」

そのように聞き、お客の自己申告で、その商品の消費税率を決めるようです。

 
下の口で食べるオナグッズの場合は?

 
女性の方が下の口で食べたり飲みこんだりする

フランクフルトより美味しく気持ちが良い

バイブ、ディルド、ローターなどの、アダルトグッズの軽減税率は如何でしょう?

 
アダルトグッズ店のレジで

お客様、店内でオナニーされますか?

それとも近くの公園で野外オナニーされますか?

家まで我慢し、部屋でオアニーされますか?

 
今すぐできる、店内オナニーの場合は、消費税8%でございます。

店を出られて、野外オナニーの場合は、消費税10%でございます。

でも店舗の軒先のベンチで露出オナニー行う場合は、消費税8%でございます。

家に帰られて、ゆっくりとオナニーされる場合は、消費税10%でございます。

何て…(#^.^#)

▼性生活必需品

来年から上がる消費税

オナニーやセックスにも、大きな影響が出てきそうです。

 
現在、軽減税率を認められてるのは、「生活必需品」として食料品の一部と新聞などです。

人間が健康に生きていくために必要な、オナニーとセックスの道具と消耗品

それは「性生活必需品」です。

 
夫婦関係にも必要であり、安全な社会のためにも必要な物です。

「性生活必需品」も軽減税率対象として欲しいものです。

 
女の人が下の口で美味しく食べる、アダルトグッズの軽減税率

今後も我々アダルトグッズ通販ショップとしても

ニュース報道等を、チョット気にしていきたいと思います(#^.^#)