アダルトグッズを購入する方法は

専門ショップ・量販店・ドラッグストアーなどの店頭で買う方法。

ホテルやホテルの自販機で買う方法。

 
現在は、商品の特性上、ネット通販で買う方法が増えてます。

大人のおもちゃはコチラ
激安通販[アナシー]

それでは、アダルトグッズの安売りを探す方法は?

 
店頭で買う場合や、自販機で買う場合は

目的の商品を直接、他店との値段の比較が出来ません。

 
しかしネット通販の場合は、他店と値段を見比べ、比較ができます。

▼安く買う方法

同じ商品でも、安いところと高いところを比べると、倍ほど違うことがあります。

何故、コレだけ値段が違ってくるのでしょう?

 
それは

仕入れ方法、販売方法、販売までに掛かる経費などにより違ってきます。

 
安く買う方法を知るには、それぞれの違いを理解するとわかります。

 

【実店舗での店頭販売の場合】

従業員・販売員の人件費、それに宣伝広告費が必要です。

それから、店舗を運営するための、家賃・電気その他の様々な経費も必要です。

これらが、商品の仕入れ価格に上乗せされてきます。

 

【ホテルでの販売】

ホテル内でのカタログからの購入や

ホテルの部屋内に自販機を設置して、アダルトグッズを販売。

直接関わるのは、自販機だけの経費のみが必要。

 

【通販ショップの場合】

卸元から仕入れて、直接販売する場合。

宣伝広告費が必要となります。

その他に、サイト構築・サーバー代なども必要な経費となります。

規模により、人件費・事務所経費も必要となります。

 
代理店アフェリエイトシステムを使い、通販ショップを運営する場合。

代理店や、アフェリエイターに広告を掲載してもらい

直接購入者の目に届くまで、2段階、多いときには3段階と、階層式になり、

それぞれの段階で、手数料を支払うシステムになります。

 
手数料・サイト運営費・システム費なども掛かります。

規模により、人件費・事務所経費も必要となります。

それだけ経費が掛かるので

商品単価が上がるのは当たり前です。

 

それぞれ、金額を見比べると

ホテル内販売や自販機での販売価格が、もっとも高いように感じます。

通販価格の倍以上で販売してあるのも見受けます。

それでも、必要な場合に必要なところにあるので、売れるのでしょうね。

 

その次には

代理店システム・アフェリエイトシステムを使ってるところが

商品単価が高いように思えます。

アフェリエイターをまとめる、ASPというところが、間に入ってると、

手数料を2~3段階払うようになるので、高額になるでしょう。

 
実店舗も、それだけ店舗運営費が必要となるので、高額になってきます。

 

▼期間限定の特価安売り品

アダルトグッズを購入する場合

他の食品・雑貨品などと同じで

期期間限定の特価安売り品から、購入する方法もあります。

 
特別に購入の目的品が無い場合、アダルトグッズの安売り品から探すのも手です。

 

いろんな理由で、安く販売できる商品があります。

例えば、メーカー・卸元との商談で生じる、同じ商品の大量仕入れなどあります。

 
期間限定、商品限定、数量限定、となりますが

そのような商品を、「期間限定の特価安売り品」などとして、通常価格より、かなり安く販売できます。

 
長期在庫に抱えるより、たとえ半額でも、それ以下でも販売したが、ショップにとっては良い場合があります。

 
「セット品」など、数組のグッズをまとめ詰めて販売する場合も有ります。

そのような場合も、在庫に抱えるより、販売したが良いと考えるショップの考えです。

 
アダルトグッズ販売のプロが詰めたセット品、安くて良い品を手に入れるれるチャンスでもあります。

 

安く良い物を購入するには、サイトを良くご覧になることをお勧めします。

 

「アダルトグッズ通販アナシー」は、

直接販売、広告媒体のアダルトサイトも自前運営、サイト作成も自前なので、

最低限の経費で運営ができ、アダルトグッズの安売りをおこなえます。

 

期間限定の特価安売り品はコチラとなります。

数量限定のために、お早くお願いします。

150円均一、300円均一 コーナーもございます。

■特価・アウトレット品

 

アダルトグッズ初心者で、何を買ったら良いのか判らない方

安く、沢山買いたい方、にお勧め!

 
各カテゴリー・趣味ごとにセット品にした

超お買い得・数量限定のセット品はコチラ↓

■お買い得セット品

 

全ての商品を激安販売しております。

初心者からマニアの方までいらっしゃいません。

激安通販はコチラ
アダルトグッズ[アナシー]